〜リョウの留学のあれこれ〜

こんにちは、RYOです。大学進学後ワーキングホリデーにて留学を決意、北海道の大学に通いつつ、資金を作っています。ワーホリがどういうものなのか、実体験をリアルタイムで、自分でも先はわかりませんが、伝えていけたらと思います。

カテゴリ: ワーホリ


IMG_2709


皆さんこんにちは、リョウです。


今回は、留学初心者によくある


エージェント多すぎてどれにすればいいかわからん!!


留学を計画した人なら、一回は思ったことあるんじゃないでしょうか。僕も最初はまよいました。


そこで


今回は、エージェントを選ぶポイント  をいくつか伝えていきます。



[目次]


1、前提として


2、メールより電話


3、質問にしっかり答えるか。 


4、スタッフの知識


5、自分の求めるオプションがあるか


6、おわりに




1、前提として


 まず前提として、


"エージェント会社も無料ではない "

                                                 ということです。



冷静に考えればわかることだが、


どこかでマネーシステムはあって、多かれ少なかれ消費者の私達から得ています。



一銭でもエージェントにお金を使いたくない方は、自力でやる方がいいかもしれないが


僕たちは、時間、労力をお金で買っているのです。

とはいえ、さすがにぼったくられる訳には行かないので、ポイントを説明します!



2、メールより電話



本来なら、実際に足を運ぶのが1番いいのだが

地域によっては簡単に行けない方もいると思います。

となると次の選択肢は


・メール

・電話


の2択です。

そこでおススメするのが  " 電話 "


言わずもお分かりだと思うが、

会話というのは、即興です。


どれだけ準備できているか   を見ることができます。


もし、電話をするときは


質問をリストアップ しておいて、ズバズバ聞いていこう。


これから契約するかもしれない相手なんだから


遠慮なんかしていられない!



3、質問に答えるか。


どんな質問かというと


・マネーシステム

・具体的な金額

・保険内容               


あたりを聞くのがオススメです。


なぜなら、ここで曖昧にしたりはぐらかしたりするエージェントは、


自社の利益ばかりを考えている会社 かもしれないです。


(大げさすぎかな。w)



しかしよく考えてほしいが、これから高額なお金を払うのに、費用の話をはぐらかすって


相当こわい事じゃないか?(w)



バズバと聞くことが大切です。無駄金は取られないように!





4、スタッフの知識量


何社か行けば必ずと言っていいほど感じるのが



"スタッフの知識の差"



 僕の体験では、1年の留学経験をしただけで、留学を語っているスタッフもいた。


1年しか行っていないのが悪いのではない。

そのあとに


研修などを通してしっかりとした経験があるかどうかが肝。


ここを見極めたいですね。

(僕の場合は、そうではなかったです。。)


具体的には

 "パンフレット以外の知識を紹介しているか "


これはスタッフのレベルを確認するためにとても有効です。


一例として、僕が出会った素晴らしいエージェント(というかスタッフ)は

フィリピンのセブ島の語学学校をずべて訪れたり、カナダに8年いた実績があり

(写真も見せてくれた)


やはり知識量がハンパではなかった。


自分の留学なので、どんどん高い質のサポートを求めていこう。



5、自分の求めるオプションがあるか


 これは自分の好みで、どんなサポートが欲しいのか、です。


これは、各エージェントによって売りにしているものが変わります。


例でいうと

・現地サポート

・帰国後1ヶ月の英会話レッスン



 などなど、様々です。


自分に何が必要で、どんなサポートがあったらいいか、見極める必要があります。



6、おわりに


いくつかエージェントを見極めるポイントを紹介したが、僕の基準なので、


ぜひ、自分の基準でも見てもらいたいです。




色々述べてきましたが、なんといっても大切なのは


考えるより行動!


した方が、こればっかりはいい気がします。


遠慮せずズバズバ聞きましょう。


(今すぐにでも、アポを取ってもいいかもしれません。w)




みなさんの不安が1つでも消えたら嬉しいです。良い留学になりますように。それでは。



Take it Easy :)



IMG_2726



留学全体のステップを把握したい方は

こちらの記事を読んでもらいたいです!




2





こんにちは。
ワーホリ準備中の大学生、リョウです。

海外留学したいけどなにをすればいいかわからない方、いますよね?

今回は、その方法の一つとして
ワーホリ を紹介していく


僕の実体験から、ワーホリを始める人に必要なステップはなんなのか。初心者なりの視点で書いています。


*国によって急ぐレベルは変わってくるが、大まかな流れは同じ。


 [目次]


1
、留学を決めたら


2
、国を決める

3、情報収集(エージェント、ビザ、その国について)


  *
とりあえず海外に行きたいという方は23は逆でもいいかもしれない。


4
、エージェントに相談 or 自力で準備


5
、ひたすら勉強


6、おわりに



1
、留学を決めたら

 
 まず、やるべき事は2つ!

①目的はなんなのかはっきりさせる。

 留学を決意するほどの方たちなので、なにを目的に留学するのかはすでに決まってるいる人も多いだろう。

 英語力向上、外国に行きたいハンサムボーイやセクシーガールと仲良くなりたい(w)etc、、

 しかし、目的を曖昧にしていると後々、なやむことが多くなってしまう。しっかり決めておこう。


②資金をどう集めるか

 
 いきなりお金のこと!? と驚く人もいると思うが

 
これが早ければ早いほどいいのだ。。。

なぜなら、これに
1

 時間 がかかるから。

自力で稼ぐのか、親に頼るのか、金融機関から借りるのか。

 
 たぶんほとんどの人が、自分で稼ぐ
and 親に借りる、それか全て自力で稼ぐだろう。


 情報収集していればわかることだが、留学にはお金がとてもかかる。


時間がかかるものから先にやる。これは常識だし一番大事。
*僕は、宿題は前日までためまくるタイプでしたw



どのくらいかかるかは人それぞれなので、ここで僕の費用の内訳を載せる。

 *「カナダ、ワーホリ」(語学学校3ヶ月)


3D63AC0B-6543-4F1D-94E2-C78AD0DC60FF



注意してもらいたいのが、ここには学校が終わった後の、
9ヶ月分の生活費が含まれていない。
むこうで働いて稼げる分を差し引くと、ここに+
30万ほどあると安心。

つまり、一年で大体110万。おわかりいただけただろうか、、



2
、国(地域)を決める


これは計画していて、
1番楽しい時間なのではないだろうか。
実際、僕も考えただけでウキウキしていた。

そこで国を選ぶときに、見ておいたらいいかなー、というポイントをいくつか載せておく。


・国(地域)の国民性

・天気

・食の好み

・治安


ここは自分の好みを存分に出していったほうが、楽しい生活になる。


3
、情報収集


国は決まった! 
どうやってその国に行けばいいのか


ずばり、エージェントに話を聞きにいこう


くのエージェントにアポをとる。そして、話を聞きにいく。

僕自身やってみて気づいたことだが

 

これ、ネットで検索するより、圧倒的に効率がいい。

話を聞きにいくだけなら無料が多いので、とりあえず、何社か足を運んでみるといいだろう。


*ステップ23は逆でも良い。エージェントと相談しながら国を決めるのもOK


4、ビザ、パスポートを揃える


情報は集めることができた!
必要なものを揃えないと、、


情報収集していればわかるとおもうが、ワーホリに必要なものは、


お金、パスポート、ビザ、海外保険、航空券
である。


お金、パスポート、航空券くらいは自力でできる。


しかし、僕は、「エージェントに依頼」をオススメする。断言する
なぜなら

 「ビザ」 「海外保険」

こいつらが厄介。

僕も最初は「ビザくらい自分で取れる!」と意気込んでいたが


これ、ほんとに手順がめんどくさい。


具体的なめんどくささは調べればわかるので割愛するが、とにかく大変。

 

「自分の力になるから」いいじゃないと言う方がいると思うが、それはその通り。


でも、その作業をエージェントに任せて、空いた時間を自分の勉強した方が、効率よくね?という話なのだ。



5
、ひたすら勉強

 

必要なものが揃ったら、時期が来るまで

ひたすら勉強!


たまに勘違いをしている人がいるが、

「留学したから英語ができる」


のではなく


「裏でとてつもない勉強をしたから、英語ができる」のである。


留学は、努力があってはじめて効果が出るものなのだ。

目標ができたら努力するのみ!



6
、おわりに

 

ワーホリで海外にいくステップをまとめてみたが、何よりだいじなのが、


思い立ったが吉日 である。


動きだすだけなら何もデメリットはない。


まずは0を1にしてみよう。
その先は、その時に考えればいいのだ!



初心者である僕が書いたこの記事は、初心者
の知りたいところが詰まった記事になっていただろうか?


留学仲間のみなさんと突き進んでいきたい!



Take it easy!✌️


↑このページのトップヘ